虫歯治療

「歯が痛い」方は虫歯の治療を受けましょう

「歯が痛い」方は虫歯の治療を受けましょう

虫歯は、歯周病に並ぶ歯科の二大疾患で、歯の硬い部分(エナメル質)が細菌によって溶け出してくる病気です。

初期の虫歯(C0~C1)だと「痛い」などの自覚症状はなく、歯の表面が溶ける程度で、初期の段階で虫歯だと気付かずに知らぬ間に重度の虫歯になっていたという事が殆どです。
とはいえ、初期虫歯はご自分で気付くのは難しいため歯科定期健診を受け歯の状態や虫歯の進行度を把握して、適した治療を受ける事が大事です。

「虫歯の治療をしたらずっと歯医者に通わないといけないんじゃないの?」という質問を良く受けるのですがご安心ください!!

初期の段階であれば表面の歯を削る心配もなく、正しい歯磨き(プラークコントロール)をして今以上に進行をしない予防措置メインの診療で完治するため、通院も1~2回程度で済む事が殆どです。
虫歯で歯医者に行かなくても良い方法は「虫歯になる前に予防」する事です。その為にも、是非当院までご来院ください。

しかし、虫歯がエナメル質を貫通して中の柔らかい箇所(象牙質)まで進行してしまった場合(C2)は「痛い」「歯がしみる」などの自覚症状が出てきます。
自覚症状が出たら必ず虫歯の治療を受けましょう。

虫歯を放置した場合、象牙質のさらに奥にある神経が通っている個所(根管)まで虫歯菌が広がり、夜も眠れないくらい歯が痛みます。こうなってしまうと神経を取り除く治療(根管治療)を行わなければ完治は望めないどころか、状態によっては歯を抜く可能性も出てきてしまいます。

当院では、歯を抜く治療ではなく歯を残す治療を第一優先と考えています。
歯が痛んで「虫歯かな?」と思われている方は、お気軽に当院まで診察にいらしてください。

当院で行う虫歯治療の特徴:レーザーを用いたなるべく痛くない治療

当院で行う虫歯治療の特徴:レーザーを用いたなるべく痛くない治療

当院ではエルビウムヤグレーザーという機器を用いてなるべく痛くない治療を患者さんに提供できるようこころがけています。
歯医者で一番嫌がられるのは「キーン」という音と歯を削る時の「ガリ、ガリ」という音です。

エルビウムヤグレーザーは先端から水をスプレー状に噴きつけて患部を冷却する事が可能で、生体の持っている水分に反応し水分にレーザーが当たると一瞬で蒸発していきますので痛みが殆どなく、素早く治療する事が出来ます。

不快な音を発する事もありません。(レーザー麻酔効果もあるといわれています)

「歯医者は痛そうだから行きたくない」「歯医者は怖い」というイメージを払しょくしてより良い歯科医療を提供したいという想いから導入しました。

虫歯の治療の他に歯周病治療・根管治療・インプラント等の難易度の高い治療にも使用できる機器のため、より高度な歯科医療を提供できるかと思います。

pagetop