各種検査のご案内

治療の前にまず検査を行い「病気の原因」を見つけ出します。
検査後に患者さんの治療方針を決定します。

病気の本当の原因を見つけ出すためには
検査必要不可欠です。
検査だけの診療も受け付けていますので
お気軽にご来院ください。


レントゲン検査

被曝量が少ないレントゲンを使用しています

被曝量が少ないレントゲンを使用しています

レントゲン検査では主に歯の異常を検査します。
虫歯や歯周病の進行具合や現在の歯並びの状態、親知らずの状態を確認するのに多く用いられる歯科の基本検査です。

レントゲン写真を用いてカウンセリング時に現在の口腔内の状態や具体的な治療方針を決める事が多いです。

被爆量が少ないレントゲン機器を使っておりますので、身体に優しい検査ですが病院でレントゲン検査は控えるようにと指示をうけている方は診療前におっしゃってください。

レントゲン検査で痛みの原因や正しい診断出来ない場合は、CT検査を行いより精密な検査を行います。

歯周病検査

歯周病検査を行い歯周病の進行度別に最適な治療を提供します。

歯周病検査を行い歯周病の進行度別に最適な治療を提供します。

歯周病検査では、プローブという専用の機器を用いて歯周ポケット(歯周溝)の深さを測ります。
磨き残しのチェックも併せて行います。

歯周ポケットの深さによって、初期、中期、重度と歯周病の進行度を把握する事が出来ます。
進行度別に適した歯周病の治療や、状態に合わせて、治療や予防の最適な方法をお伝えします。

磨き残しが見られる場合はブラッシング指導をさせていただき磨き残しがひどい場合は歯科医師・歯科衛生士によるPMTCスケーリングなどの治療をご提案致します。

歯周病が進行して重度になると歯が抜けてしまう場合が殆どなのですが、重度になる前に予防をすれば歯が抜ける事を防ぐ事が可能になりますので

「歯が抜けてしまって物が思いっきり噛めない」
「歯が抜けて思いっきり笑えない」

という事にならないためにも歯周病検査を受けて、あなたの歯周病進行度を把握してみませんか?お手軽に保険内で行える検査ですので、歯のチェックとしてご利用される方も最近増えてきています。

歯周病進行度別の治療方法へのリンク集です

CT検査

患者さんへの分かりやすい説明と質の高い治療を提供できます

CT検査

CT検査では、3D画像を映し出すことによってレントゲン検査では把握できなかった痛みの原因や口腔内の状況を把握することができます。

特にインプラント治療を行う際にはCT検査は必須です。

3D画像をお見せしながら、患者さんへ説明させていただきます。より詳しく口腔内を把握できるのが、CT検査の一番のメリットです。
CT検査をお考えの方はお気軽にご相談ください。

歯科定期健診

間違えた歯磨きをしていませんか?~正しい歯磨きを覚えましょう~

間違えた歯磨きをしていませんか?~正しい歯磨きを覚えましょう~

しみず歯科クリニックでは歯の健診を実施しています。また、治療後の定期検診を積極的におすすめしています。

定期健診の内容は、虫歯や歯周病のチェック、噛み合わせチェックなどです。

歯科医師、歯科衛生士が患者さんの口腔内を診察させていただいて、必要があればクリーニングや清掃などを行い再発防止に努めています。

健診を受けることで、虫歯・歯周病を早期に発見し、治療することも可能となります。

定期健診は、お口の中の健康を維持するために行う「歯の健康診断」と捉えていただくとご理解いただけるかと思います。

あなたも、歯の健康診断で現在の状態を把握してみませんか?
保険証をご持参の上、お気軽にご来院ください。

pagetop