根管治療

夜も眠れないくらい歯が痛くなった場合は根管治療(神経の治療)を行います。

夜も眠れないくらい歯が痛くなった場合は根管治療(神経の治療)を行います。

治療したのに痛くなった事や夜も眠れないくらい歯が痛む事ってありませんか?

この症状は神経や血管の入っている歯髄まで虫歯が進行した時に起こる症状です。
根管治療とは、虫歯に汚染された歯の根にリーマーと言う機器を右図のように入れ機能しなくなった神経や血管を取り除き、消毒してから、空いた穴を塞ぎ修復する治療方法です。

治療すれば今までの歯の痛みがウソの様に消えて和らぎます。

神経を取り除くため痛みは無くなりますが、根管治療はこれで終わりではありません。根管内に細菌が残ったまま修復してしまうと根管内部から細菌によって歯が欠損してしまう恐れがあるため、根管内を定期的に消毒して清潔な状態で修復しなければなりません。
神経を抜いた歯には栄養が行き届かなくなり、割れやすくなってしまうので存続させる為には、最後まで治療を続け土台となる根管を修復しなければなりません。

「基礎がしっかりしていない家は崩れやすい」とお考えいただければこの根管治療の重要性をご理解いただけるかと思います。

最後まで治療を続けるとなると完治するまで長い期間を要してしまいますが、治療には保険が適応になりますので長い期間通われたとしても金額的に負担にはならないかと思います。
(治療期間に関しては、根管の状態や歯の欠損状態によって異なるため、検査を行いカウンセリング時にご説明させていただいております。)

完治しないまま放置して歯が抜けてしまったり、修復不可能になってしまうと患者さんにはデメリットです。歯が抜けたり修復出来ない場合はブリッジ・入れ歯・インプラントなど歯を修復する必要があります。

当院では、インプラントという第二の永久歯を入れる治療など行えますが、インプラントは自費診療のため費用がかかり、患者さんの負担が大きくなってしまいます。
他にも保険のブリッジや入れ歯も行っていますが「満足のゆく歯を求める」のは材料の関係上難しいためそれもデメリットに繋がります。歯を失う事で患者さんにとって良い事は全くありません。

痛みがひどい時、「歯を抜こう・抜きたい」と考えていませんか?
「歯を抜いた方が良い」という事を他の歯科医院で勧められた事はありませんか?


もうすでに歯が抜けている方にはブリッジ入れ歯インプラント等で歯を取り戻す治療を行っていますが、人工物の歯よりも自分の歯で物を噛める方が健康的で、他の健康な歯に悪い影響を与える事がありませんので当院では、抜くという選択肢では無く、残すという方法を第一優先で患者さんへお勧めしています。

ただし、根管が割れている等、根管の状態によっては歯を修復、治療出来ない可能性もありますので、一度ご来院いただいて検査を行い、「修復、治療可能なのか」「歯を抜かなければならないのか」を判断させていただいております。

「治療途中で歯を放置してしまっている方」・「治療した歯がまた痛んできた方」などの症状の方はお気軽に当院へお越し下さい。

当院の根管治療:極力痛くない治療をこころがけています

当院の根管治療:極力痛くない治療をこころがけています

蝕まれた神経を治療するには、痛みが伴うイメージがあるかと思います。

  • 痛みが苦手な方
  • 痛みが激しい治療をした事がある方
  • 麻酔が苦手な方

ご来院された際は、ご遠慮せずに是非おっしゃって下さい。
レーザーや針を使わない表面麻酔を用いて、極力痛くない根管治療を提供させていただきます。

pagetop